ご契約者様インタビュー

  • メインビジュアル1
  • メインビジュアル4
  • メインビジュアル3
  • メインビジュアル2

≪契約者インタビュー01≫

10年後の資産価値を考えて、
「オダサガ」を選びました。
/Mさん

インタビュー写真1
インタビュー写真2 インタビュー写真3

小田急相模原は、今後ますます便利に。

将来的にまた住み替える可能性があるので、新居探しにあたっては、「資産性」を重視しました。
その点、〈リビオタワー小田急相模原レジデンス〉は、申し分ない物件でした。駅から徒歩2分という立地だけではなく、小田急相模原が「住む街」として魅力的だからです。
もともとこの辺りは住み慣れた土地。利便性の良さは知っていました。ロマンスカーを使えば新宿まで約40分。複々線化も着実に進んでいて、混雑緩和やさらなる所要時間短縮も期待できます。駅前や周辺エリアの商業施設も豊富です。ららぽーと海老名も通いやすいですし、2018年の春には徒歩圏内にイオンモールがオープンします。子どもを連れて、お散歩がてらのんびり歩いて行くのが、今からすごく楽しみです。

子育てしやすい環境にも、期待しています。

商業・公益棟の子育て支援施設や保育施設も、実は決め手のひとつになりました。
もしここの保育施設に入れたら、今までみたいに車で送り迎えする必要がなくなるんです。駅近ということもあり、車2台持ちから1台に減らせます。経済的にもだいぶ負担が軽くなります。 それに、同じマンションのママ友との交流も楽しみですね。もし入れなくても、近隣エリアには最近、保育園が増えてきているという話も聞いています。育児環境が整ってきていることはありがたいですね。
さらに、駅周りの移動に関しても、ママにやさしいんです。小田急相模原駅にはエレベーターが設置されています。毎日のことなので、ベビーカーを押すママとしては、嬉しいポイントですね。室内空間に関しても、よく考えられています。リビングのウォールドアは厚みがあり、安っぽくない。閉めると、ちゃんとした部屋になるんです。今後家族が増えたら、子ども部屋として使おうと思っています。

≪契約者インタビュー02≫

この街で、子ども中心の生活
を始めます。
/Aさん

インタビュー写真4
インタビュー写真4

子どもの通学を考えて、駅近へ。

子どもたちが大きくなってきて、上の子は小学校にも通い始めています。
今後の通学のことを考えると、早めに駅近のマンションに住み替えておきたい。そんな思いが前々からあったんです。
この再開発には2年以上前から注目していて、マンションの案内が届くと同時に、モデルルームに足を運びました。子どもを守るために親ができることって、駅近に住むことくらいだと思うんです。だから、「このチャンスは逃せない!」と、前のめりで動きました(笑)。
戸数の多いマンションなので、小学校への通学の際も、班をつくって登下校できるのかな、なんて想像しています。

ファミリー向けの住みやすい街。

この20年くらいの間に、小田急相模原はすごく明るくなったし、垢抜けましたよね。昔はこんなに開発されていなかったんです。
当時を知る身としては、この変貌ぶりは嬉しい限りです。街並みもきれいになりました。子どもたちを歩かせても大丈夫だなって思えます。
さらにイオンモールができれば、ますますファミリー向けの街になりますね。ベビー用品が近場で揃うのは助かります。
駅近だから、今までの車生活からも解放されます。「駐車場空いているかな?」とか、「駐車券もらわなきゃ」とか考えなくてよくなります。徒歩で買い物に出かけられる日々に、ワクワクしています。

≪契約者インタビュー03≫

今以上にアクティブな
私に出会える予感。
/Mさん

インタビュー写真3
インタビュー写真3 インタビュー写真3

きっと、フットワークが軽くなる。

今もこの近所に住んでいます。この街はとても気に入っていますが、駅からは20分以上かかる場所なんです。
今回、資産性ということも考慮し購入しましたけど、駅からの距離がぐっと近くなります。町田や新宿にもすぐ出られるし、行動範囲が一気に広がりそうです。実はこれまで、駅までの距離がネックになり、休日に出かけるのが億劫になりがちだったんです。新居に移ったら、もっとアクティブになれそうな気がします。

新しいことにチャレンジできる場所。

商業・公益棟では、いろいろな講演会やワークショップが開催される予定とのこと。
実はもうすでに、開催予定のワークショップに参加してきました。自分の趣味を活かして起業してみるのも、一つの女性の新しい選択肢という内容でした。
すぐに何か行動を起こそうと思ったわけではありませんが、いい刺激をもらいました。部屋も広くて、趣味に没頭できる環境が手に入るので、起業とはいかないまでも、何かにチャレンジできるのかなと思います。
入居してからも、市民交流スペースでイベントがあれば、ぜひ参加してみたいですね。「何かを始めるきっかけ」をもらえるチャンスってそうそうないので。

開放感のある空間で、新しいことを始めたい。

リビングからダイニング、キッチンにかけての開放感が特に気に入っています。このマンションに決めた大きな理由です。
広くて天井も高いから、とても気持ちいいですよね。仕事から帰ってきて、ホットひと息つける場所になりそうです。大きめのダイニングテーブルを置いて、小物作りとかクラフトワークを始めようと思っています。今の手狭なダイニングでは、できなかったこと。嬉しい心の変化です。

≪契約者インタビュー04≫

ワクワクしながら、
次のライフステージへ。/Sさん

インタビュー写真2
インタビュー写真2 インタビュー写真2

住みやすさで、「オダサガ」を選びました。

この小田急相模原を選ぶまでに、いくつかの街を検討しました。今住んでいる街は駅前に商業施設が少なくて、住むうえで少し物足りない。小田急相模原周辺のターミナル駅の街は、商業施設も多く栄えているのですが、住む街として考えてみたときに、少し賑やかすぎる。
そんな中、小田急相模原はちょうどよかったんです。規模感が。高い建物が少なくて、駅から出たときは「空が広い!」って思いました。
駅周りのペデストリアンデッキは、洗練されていて好印象。「サウザンロード相模台商店街」を歩くと、チェーン店じゃない小さなお店がいろいろとあるんですよね。地元の人で賑わっている様子でした。住む街として、オダサガは本当にいい所だと思いました。
最終的に、駅からの近さと都心への出やすさも背中を押し、〈リビオタワー小田急相模原レジデンス〉を選びました。

たくさんあります。子どもができたらしたいこと。

子育て支援施設が併設されるので、子どもができたら心強いですね。
初めての子育てってきっと不安だろうから、悩み相談が気軽にできたら助かります。同年代のお子さんを持つママとも、ここで知り合えるかもしれないですよね。ママ友同士で近所のカフェに行けたら、きっと楽しいだろうなって今から想像しています。
子どもと遊ぶ公園も、このエリアには豊富にあります。相模原公園なんて、びっくりするくらい広くて気持ちいい場所。
いつか家族で遊びにきたいですね。

未供給プラン、いよいよご案内開始

3LDK・75m²台・3,500万円台~

TOPへ戻る